私たちのサービス

遺品整理

老前整理・生前整理

老前整理と生前整理の違い

近年では、親族の幸せのために老前整理や生前整理を行う高齢者の方々が増えてきています。

そのため、遺品整理会社も多数展開しています。

しかし、老前整理と生前整理にはどのような違いがあるのかご存知でしょうか。
こちらでご紹介させていただきます。

遺品整理

【老前整理について】

高齢になってくると気力・体力共に衰えてしまいますので、思うように身体が動かせなくなってしまいます。

そのため、できるだけ動けるうちに不用品の処分などをして身の回りを整理しておくことを老後整理と言います。

簡単に言うと、老後の生活を快適に過ごせるように身辺整理を行っておく準備なのです。

【生前整理について】

老前整理とは異なり、人生のエンディングに向けて生きているうちに行える様々な事柄を整理することを

生前整理と言います。

不用品回収などはもちろんのこと、後に残った親族がたいへんな思いをしないように遺言書を作成したり、

お墓の準備をしたりと自分自身の死後と正面から向き合って、残された親族に託す準備をしていくのです。

【老前整理・生前整理をするメリット】

老前整理や生前整理を行うことにより、様々なメリットがあります。

・ご自分の意思で所有物の整理ができるので、死後も残して置きたい思い出の品などを

息子や娘に託すこともできます。

・遺品整理には、時間や労力が必要になります。不用品を整理しておくと、

残された親族にかかる負担も軽減されます。

・財産分与の際には、仲の良かった親族同士が争いを起してしまう場合もあります。

遺言書を残しておくことで、一般的に故人の意思を尊重しますので争いを避けることができるのです。

老前整理も対応

アマーレでも、遺品整理・生前整理・老前整理・不用品回収などを対応しております。

お客様のことを第一に考えて誠意を持って作業を行いまいりましたので、口コミの評判も上々です。

滋賀県で身の回りの整理をサポートしてくれる業者をお探しならぜひアマーレをご利用ください。

分別

老前整理を考える
ひとは誰しも年をとったり、病気になったりして最後の日を迎えます。

いつの日か訪れる死に備えて、家族や周囲の方のために「老前整理」を考える方も多くなりました。

まだまだ早いと考えていた方も、老前整理について考えてみてはいかがでしょうか。

他人に迷惑をかけないために

残された遺品が多くなると、それを引き継いだ人に大きな負担をかけてしまいます。

大切に使ってきた物や、故人にとっては貴重な思い出の品々でも、役に立たないものも多くあります。

一般的に高齢者が一人亡くなると、家具や家電、雑貨などを含めると2トントラック3台分の不用品が出るといわれています。

それらの遺品を全て整理するとなると、莫大な時間と労力、場合によっては処分費用もかかってしまいます。

人は年を重ねるほどに老化が進み、片付けることが面倒になります。

また、病気になってしまうと片付けようにも体力が持ちません。

老前整理や生前整理というと、否が応でも死について意識させられることになります。

しかし、家族のことを考えるのなら、元気で働けるうちに不要なものは全てさっぱりと処分しておくことも必要です。

老いてしまう前に老前整理をすることで、老後の快適な生活を実現することにもつながります。

片付けに必要なものとは

片付けに必要なものは、(気力)(体力)(判断力)です。

片付けには体力も気力も必要で、年を取るほどにだんだんと落ちてくるものです。

また、片付けは捨てることでもあります。多くの物から不要な物を選び出し、

捨てることを決断するまでに正しい判断力が求められます。

老前整理は、気力・体力・判断力が十分なうちにはじめるからこそ、意味があるのかもしれません。

家族としっかりと話し合った上で、無理をしない程度にはじめることが大切です。

 

遺品整理

遺品整理について
遺品、これはただの「モノ」ではなく、故人の生きた証として一つ一つに想いが込められています。

そんな大切な遺品をそろそろ整理しなければとお考えの方は、ぜひアマーレをご利用ください。

  • 遺品整理とは? 
    亡くなった方の使用していた物や持ち物を丁寧に整理することを遺品整理といいます。
    「遺品処理」「遺品処分」「遺品回収」ともいわれ、資産価値のある物を遺族で分け合ったり、
    形見分け品や供養品として残したり、不要な物を処分したりします。

  • 遺品整理の必要性
    単純にその場所をキレイに整理整頓することも理由のひとつですが、
    中には高級品や現金等の価値を持った物が出てくるかもしれません。それらを誤って捨ててしまわないためにも
    遺品整理は大切なのです。また、数々の遺品と向き合うことで亡くなられた方の供養にも繋がります。

  • 遺品整理の難しさ
    思い出の品をどのように取り扱うべきかという判断はとても難しく、
    精神的にも色々と悩まされることと思います。故人の顔や思い出が浮かんでしまい、
    短期間で終わらせることはできません。時間的にも人手の面でも、ご家族だけでは負担が大きいのが現状です。

  • 遺品整理業者に任せるのが一番です
    気持ちの整理がつかず、遺品整理をためらっているのなら、思いきって専門業者に任せてみてはいかがでしょう?
    面倒な分別作業もスムーズに進みますし、遺品整理だけではなく、不用品回収やリサイクル、ハウスクリーニングを
    一緒に行ってくれる業者もあり、非常に便利です。


遺品整理の前にやっておくべきこと

「気持ちの整理がつかない」「遠方に住んでいる」「忙しくて手をつけることができない」など、

様々な事情で遺品整理をはじめるのが難しい状況もあると思います。そのような場合には、プロの業者を利用されてはいかがでしょうか?

最近では、遺品整理の他にも、不用品回収やリサイクルを行っている場合もあり大変便利です。

こちらでは、業者に遺品整理を依頼する前にやっておいて欲しいことについて紹介します。

遺品として何を残すか相談する

遺品として残したいものは、遺族の価値観で判断されます。故人が肌身離さずにつけていた時計を残したい方もいれば、

写真や手紙などを残したい方もいらっしゃいます。これらの遺品に対するご遺族の価値と、

業者による価値基準に相違がある場合もあることも十分に考えられます。残したいものがあればご遺族同士でしっかりとご相談されて、

具体的に何を残すのかを決めておきましょう。

親族同士できちんと相談しておくことで、後に「何かが無くなった」などのトラブル回避にもつながります。

また、残す物を事前に決めておくことで、遺品整理の作業もスムーズに行うことができます。

できれば紙にリストアップして、事前に業者に渡しておくと良いでしょう。

探して欲しいものがあれば事前に伝える

探しても見つからないものや、気になることはありませんか?探して欲しいものがあれば、

遺品整理をはじめる前にその旨をお伝えください。

ある程度経験のある遺品整理スタッフであれば、一般的にどのようなものがどのような場所にしまわれているかは分かるものです。

遺品は処分場で正しく処理するために、現場にて適正に分別されます。

この作業の際に、ご遺族の方が探していたものが出てくることもあります。

探して欲しいものや気になることがあれば、処分される前にしっかりと伝えておきましょう。


滋賀県にあるアマーレでは、遺品整理や生前整理、老前整理を行っております。

大手と比較しても引けを取らない女性部隊ならではの細やかな作業と気配りで、誠意を持って対応させていただきます。


不用品回収
キャッチ不用品回収

引っ越し時に便利な不用品回収

引っ越しの準備で荷造りをする際に、物が多くてどこから片付けていいか分からないという声をよく聞きます。また、引っ越しが決まったのはいいけど荷物が多くて持っていけない、といった悩みを抱えていらっしゃる方がいましたら不用品回収をおすすめします。


1

 

 滋賀県で不用品回収業者をお探しであれば、トータルクリーニングサポートのアマーレにお任せください。大手企業との差別化を図り、得意分野に長けた小規模企業とのコラボすることで品質向上・低価格での対応が可能です

 

日常清掃

日常

病院内清掃、事業所など

  •  某クリニック日常清掃
  • 某クリニックフィルター清掃
  • 某小児科日常清掃


 清掃サービスの種類について

オフィスビルや飲食店、ホテル、マンションなど様々な施設や建物を清掃するためには、大掛かりな作業になるので、清掃業者に依頼をする場合が多いと思います。 場所や状況、掃除の頻度などによっても様々な清掃サービスがございますので、ご紹介させていただきます。